・ステップP122~133までの仕上げ

・ブリッジP63

作図は残されているべき過程の線まで細かくチェックします。
正しいやり方で、きちんと取り組みましょう。